国際結婚にありがちなプロポーズみたいなプロポーズ

PR|ペットの火葬のご案内|

私は国際結婚です。

メキシコへスペイン語を使った仕事をしたいと思ってそこに行き、1年くらいで帰ってくるつもりが、結局5年いました。

それもそのはず今の旦那となる人に会ってしまったからです。

彼はメキシコ人で、私の友達の第5回博多コン友達のパーティーに行った時に知り合って、そこから連絡を取ったりしていたら恋人の仲になりました。

彼の野望は、海外で働く事で、私は既にそれを果たしています。だから、海外で働きたいならとにかく動けと言いました。そして、彼が動いた結果、アメリカの会社に就職が決まり、彼は突然言いました。

「結婚して一緒にあっちで暮らそうか」

それが私にとってのプロポーズの言葉です。

そこからは、私も大変で、仕事を辞めたりアメリカへ引越ししたり、その前に結婚の手続きをしたり、国際恋愛をする方は結構こういうパターンが多いようですが、私もプロポーズ、入籍からの海外への引っ越しと、バタバタと過ごしてこの言葉をプロポーズとしてとらえられなかったほどあわただしかったです。