長年付き合った彼女にプロポーズ

PR|おすすめのペットのお墓|

わたしは30代前半の男性です。長年の悩みだった脱毛に関する施術方法はさまざまあります。主な施術方法は、毛穴一つ一つに電気を流す「電気脱毛」と、毛根やバルジ領域に医療用のレーザーを照射する「レーザー脱毛」があり、そのほかに、熱量が低い医療用でない光線を使う「光脱毛」があります。

電気脱毛とレーザー脱毛は長期間にわたって脱毛効果が持続するが、その費用は5~10万円かかり、ある程度の痛みも伴います。若いサラリーマンには手が出しにくい価格帯です。

その理由は、電気脱毛は専門家のエステティシャンが施術し、レーザー脱毛は主に医師が施術する保険外治療です(全額自己負担)。一方、光脱毛は、医療用に比べて熱量が少ないため、痛みが薄い分、効果も限定的です。

ただ、効果が限定的にもかかわらず、光脱毛は、「一時的に毛を薄くしたい」という需要にこたえて、意外にも人気が高いのです。一部エステサロンの場合、激痛をともなうレーザー脱毛のオプション(選択肢)はなく、電気脱毛と光脱毛の2コースから選びます。

ところが、近年、「メディオスター」とよばれる激痛をともなわない医療用レーザー脱毛機器が開発されました。これは、毛根ではなく皮膚の浅い領域(バルジ)にレーザーを照射するため従来の激痛がなくなりました。

メディオスターという無痛レーザー脱毛器の導入により、現在は脱毛客の4人に1人が男性となり、脱毛した男性客が5年前に比べて10倍に増えたエステサロンもあるとのことです。

私も仕事柄(ジムのトレーナー)必要なこともあり半年ほど脱毛に通いました。

そんな私が結婚したのは28歳の時で、妻は3歳年上の31歳でした。

妻との付き合いは長く、21歳のころから7年間ほど付き合いました。(正確には一瞬別れた事もあるのですが。。)

結婚を意識したのは、わたしが25歳の時で、相手は3歳年上という事もあり、そろそろしっかりしないといけないと感じていました。

まずは、結婚するために必要なお金を貯める為に、本業のジムの仕事以外に、金曜日、土曜日の夜に居酒屋でアルバイトをはじめました。

アルバイト代は毎月40000円程になったので、2年間続ければ100万円程貯める事が出来ます。

そのお金は、婚約指輪、結婚指輪、新婚旅行に使おうと考えていました。

しかし、まだプロポーズもしていない為どうすれば思いが伝わるかを毎日考えました。わたしは筋肉はありますが口下手で不器用な為、気の利いた事は言えないので手紙を書くことにしました。いつものデートの時に、そっと渡し、読み終わった後に一言、「結婚してください」と言って婚約指輪を渡しました。

妻(当時は彼女)は、泣きながら頷いてくれて無事にプロポーズは成功しました。

その時の手紙は今でも大事に持ってくれているみたいです。

30代のための婚活パーティーであろうが、結婚イベントであろうが、大切なのは素敵な相手とどのような将来を共に考えるかが
重要だと考えています。

PR|群馬県の相続のご相談なら|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|超SEO対策|SEOアクセスアップ相互リンク集|内職 アルバイト|初値予想|心の童話|ショッピングカート|家計見直しクラブ|貯蓄|生命保険の選び方|